足のむくみを予防して、健康な毎日へ

足のむくみを予防する生活習慣

症状となりやすい人の特徴

多くの人が悩んでいる、足のむくみ。今回はその予防法を中心に、改善方法などをまとめていこうと思いますが、そもそもなぜ足のむくみが起こってしまうのでしょうか。
むくんでいる足にたまっているのは、水分なのです。体の中には、細胞に栄養を行き渡らせたり、老廃物を除去するために細胞間液という液体が巡っています。この液の流れが悪くなった時や、血液の循環がうまくいかない時、リンパ液が滞ったときなどに足に水分が溜まり、むくんでしまうのです。理由は様々ではありますが、体の巡りが滞っているとき、体のポンプ機能がうまく働いていない時などに起こる症状です。そのため、色々な原因もまとめて改善していくことも可能なので安心してください。
長時間座っている人や、逆にずっと立ち仕事の人、そして特に女性に多く見られる症状です。また、実は病気の症状として表れていた、という場合もあるので、あまりにも続くむくみがある場合や、他に症状が出ている場合などは医療機関に相談してみた方がいいかもしれません。むくみが症状として出る主な病気としては、肝臓や腎臓になにか障害がある場合や、心不全、下肢静脈瘤などが考えられます。何か心当たりがある人は、病気にも注意してみた方がいいかもしれません。
ここでは、病気以外の理由で起こるむくみの予防・改善方法を説明していきます。一緒に嫌なむくみとお別れしましょう!毎日のちょっとした工夫で、改善が見込まれます。