足のむくみを予防して、健康な毎日へ

>

足のむくみはどうやって起こる?

あなたの足はむくんでる?チェックリスト

足がむくんでいる、というと、あなたはどんな症状を想像しますか?
まずは、足の太さが朝と夜で違って見える、足が太くなってしまうというのが代表例です。仕事の後で靴が履きにくかったり、脱いだ後に靴下や靴の跡がくっきり残っていたこと、あなたはありませんか?
また、むくみによって誘発される症状としては、肩こりや腰の倦怠感などもあります。あなたの肩こりは、もしかしたらむくみから来ているかもしれませんよ?
自分の足がむくんでいるのか、ただ太ってしまっただけか分からないという人は、こんなチェック方法もあります。ふくらはぎを触ってみて、張っていて硬すぎたり、逆に柔らかすぎたりする場合。また、膝より下の前にある大きな骨の付近を押してみてください。跡がなかなか戻らないという場合も、むくんでいる可能性が高いです。

むくみやすい人ってどんな人?

足がむくみやすい人たちには、共通した特徴があります。これを脱却することによって、改善が見込まれますし、当てはまっている場合には、気を付けることでむくみを予防することができます。
むくみやすい人の特徴は、まず男性よりも女性に多く見られます。理由は筋肉量の少なさです。足のポンプ機能を支えているのは、ふくらはぎの筋肉。そのため、男女問わず筋肉量の少ない人はむくみやすい人といえるでしょう。そして、皮下脂肪が多い人や、仕事などで同じ姿勢を取ることが多い人。水分や塩分、アルコールを過剰に摂取している人や、逆に水分が足りていない人、ストレスが多い人などが挙げられます。また、先ほども述べましたが、病気が原因の人も。体調に異変を感じたら、病院に行くようにしましょうね。


この記事をシェアする