足のむくみを予防して、健康な毎日へ

>

むくみにくい足を目指して

むくまない体はこうやって作る!

一番大事なのは、適度な水分補給です。むくみやすい人の項目でも言った通り、水分は過剰に取りすぎても、取らな過ぎてもむくみの原因となります。むくみは水分が原因で起こるので、無駄に取りすぎると足に溜まってしまう原因にもなりますが、逆に取らなすぎると、血流が悪くなり、逆にむくみの原因となってしまうので注意が必要です。
運動をすることも、防止策の一つです。筋肉がつくと、足のポンプ機能が強化され、むくみの予防につながります。余裕があるならランニングやウォーキング、時間がなくても意識して階段を使うなどして足に筋肉がつけられるようにしましょう。足を意識して動かすことで、直接的なむくみ解消にもつながっていきます。

まだまだある、こんな改善法

むくみの原因を無くしていく方法は、他にもあります。
体が冷えてしまっているというのも、むくみの原因の一つです。少し意外ですが、クーラーが効いた夏場の方が、逆に体が冷えやすくなってしまっています。クーラー以外にも、冷たい飲み物を飲みすぎるなどして、体が冷えすぎるのと同時に、水分を取りすぎてしまうことのないよう、注意が必要です。
塩分やアルコールを取りすぎないことも大切です。特に塩分など、熱中症の予防には大切ではありますが、取りすぎると血流の悪化を引き起こし、むくむ原因になってしまうので注意が必要です。
そして、最近よく目にする着圧ストッキングも予防に有効です。身に着けるだけで予防できるので、どうしても避けられない立ちっぱなしの仕事の時などに着用すると、効果が得られるでしょう。


この記事をシェアする